「好きな納豆の食べ方、教えて!」というお題に乗ってみる

  • 2017.07.13 Thursday
  • 12:26

好きな納豆の食べ方、教えて!
 

というJUGEMブログのお題に乗ってみる。

 

納豆って東京で一人暮らしを始めて数年してからやっとその美味しさに目覚めた程度なので

 

たいしたことは語れません。

 

が、LAでも納豆を気軽に楽しめるって話ならできるかな、と笑

 

そうなんです。LAにも日系のスーパーで手に入ります。

 

お得なものだと3パックで100円程度で買えるので助かります。

 

しかも日本からの輸入品。

 

ありがたや〜と思いましたが、

 

驚いたのが、冷凍庫に陳列されていること。

 

チルド棚にもあるのですが、冷凍庫に入っているのはじめて見た時には

眼光開いたと思います。

 

実は納豆に限らず、油揚げやおでんのタネ、焼きそばの麺も冷凍されていてカッチカチ。

 

そう、日本から輸入されている状態がそれなんです。

 

それを解凍して使うんですね。

 

ということで、そういったカッチカチなものは自宅に持ち帰ったらまず冷凍庫に入れちゃいます。

 

使いたい頃に合わせて冷蔵庫へ移動させるというスタイルが定着しちゃいました。

 

で、肝心のお味はというと。。。やっぱり落ちますね。特に焼きそば!

納豆も焼きそばほどではないけど、日本で食べる方が美味しい。
ということで渡米してから納豆を食べるときは何かしら足して楽しんでいます。
この間はタコライス的にサニーレタスとトマトと納豆をそうめんにトッピングして
めんつゆと少量のポン酢を混ぜて食べてみました。ツルツルいけましたよ〜
これ、そうめんやごはんはもちろん、パスタや豆腐でもいけそう。
暑くて食欲が減退している時にもオススメですよ。

Baby Driver

  • 2017.07.02 Sunday
  • 07:01

JUGEMテーマ:映画

 

昨夜は2017年上半期の最終日記念

 

 

・・・・

 

 

というわけではないですが、面白い映画観たくて、

6月28日に公開されたばかりの『Baby Driver』をチョイス。

 

 

これが大正解!!

 

個人的にカーアクションものってちょっと飽きていたのですが、

この曲が流れて、その使われ方がとっても良くて一気に心奪われました。

 

 

1994年にリリースされたってことは今から23年前!

Jon Spencer Blues Explosionの『Orange』の冒頭を飾るこの曲が本当に大好きだったのだけど、

その時の思いが蘇りましたよ。

Variety誌も「映画”Baby Driver”のサウンドトラックは音楽オタクの夢だ」

なんてタイトルで紹介しているほど(http://variety.com/2017/film/news/baby-driver-movie-music-1202482594/)、この映画の最大の魅力は音楽なんです。

ざっとアーティスト名を挙げるだけでも、Queen、the Damned、The Commodores、Kid Koalaとか。

The Commodoresの「Easy」はそれ以外にも、劇中で主人公Babyの母親が歌ったテープから流れるという設定で

Sky Ferreiraによるカバーバージョンも流れるのですが、そのプロデューサーはNigel Godrichですよ。

とっても良い仕上がりなのでこちらも貼っておきます。

 

 

 

 

監督の音楽愛がこれでもかという位に詰め込まれているのが分かって、見ているだけで微笑ましくなる作品。

映画のタイトルもSimon & Gaefunkelの”Baby Driver”から来ているのだとか。

 

他にも、トレーラーにチラッと出て来るレッチリのフリーとか、ジョンスペもチラッと出てます。

監督/脚本を務めたEdgar Wrightとチャンスがあれば話したいってくらい音楽のツボが同じ!

 

Babyを演じているAnsel Elgortも最高にキュート!彼の出演作ってことごとく見逃していたのですが

これを機に観てみようかなと。

Babyっていうのはこの役柄の本名ではもちろんないし、アメリカにもBabyって名前の人は会ったことがありません。

なので、劇中でもBabyがカフェなどで名前を伝えると、「え!? b-a-b-yのbaby!?」なんて聞かれちゃいます。

かわいい!!

 

『Walking Dead』のJon Berthalや『Mad Men』のHon Hamm、『Django』のJamie Foxx それから、説明不要ですね、Kevin Spaceyも出ています。

 

日本公開8月19日。猛烈にオススメします! 

気晴らしでちょっと癒される

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 18:05


特に意味はありませんが、

ずっと家に引きこもりの作業の気分転換。

スタバで仕事してます。

椅子が高すぎるのか、机が低すぎるのか、長居しづらい環境だけど、なんだかんだ雑務を片付けながら
忘れてたアレヤコレヤに取り掛かってます。


で、
先ほどトイレへ行ったら棚にTシャツの忘れ物が。

店員にそのことを伝えたら、

「えー!僕着られると思うぅ?」って(笑)


まずそういうボケから入るのアメリカっぽいなぁと。


まぁもちろん着てませんけどね。

なんか和みました。

ゴーストなポテチとサターンなピーチ

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 19:04

JUGEMテーマ:グルメ

 

英語っていつまで経っても発見だらけ。

スーパーマーケットでいろんなものを見つけて、声に出さないように驚いてます(笑)

 

今日はこれ。

 

GHOST PEPPER POTATO CHIPS

 

 

ゴースト・ペッパー、つまり幽霊唐辛子て!?

実は1度食べたことがあるのですが、ゴースト感まったくなかった。当たり前か。

前回は対して気に留めず、ほどよいスパイシーなチップスでとっても美味しかったから

今日も手に取ったのですが。
今日はちょっと向き合ってみた。

 

なんだよ、ゴースト・ペッパーって。

 

そんな時はウィキさんに聞いてみる。

 

なになに!?

 

北インドおよびバングラデシュ産のトウガラシ属の品種、ブート・ジョロキアのことらしい。

かつてあのハバネロを抜いて世界一辛いトウガラシに認定されたことがあるとのこと。

 

で、なんでゴーストなのかっていうと、このブート・ジョロキアのブートが原産地のアッサムではBhutと

アルファベット表記されて、それが「幽霊」を意味するから英語での通称が

「Ghost Pepper」とか「Ghost Chill」になったそう。

 

なるほどなるほど。

 

んーでもってこちらは

 

SATURN PEACHES


 

一瞬「SATAN(魔王)」と呼んだ自分にアホアホパンチしたくなりましたが、

SATURNなので、土星ですね。

 

真ん中が凹んで綺麗な円の桃。

 

土星よりもドーナツっぽいなぁ。

 

でもDONUT PEACHよりもSATURN PEACHの方がクール!

 

 

ネーミングした人、ナイスです。

 

 

さ、ということで今日はこの辺で〜

Avenue des Art

  • 2017.06.17 Saturday
  • 19:14

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

グランドオープンを迎えたギャラリー、Avenue des Artへ行ってきました。

 

Avenue des Arts

807 S Los Angeles St., LA, CA90014


いわゆるグランドオープニングパーティーだったのですが、

苦手なんですよねぇ、パーティー。

誰かと一緒に行くならいいけど一人だとここが日本だったとしてもチルとか出来ない(苦笑)

 

目的叶えたらすぐ出たくなります。ダメだなぁ。

 

まぁ昨日はその分作品を何度もガン見してきましたwww

地下含め2階建てだったからウロチョロウロチョロ。

ドリンクが回って来るからシャンパン飲んでロゼ呑んで。

いかん、まだディレクターと話してないって焦って水のグラス手にしたり。

 

まぁそんなもんです。パリピなんて100万年光年先です。

 

それはともかく、香港のギャラリーがLAのダウンタウンにオープンしたこの

Avenue Des Artsというギャラリーには
2メートル四方とかの大きな作品があってなんか気持ちよかったー!

 

気に入ったもの/目にとまったものをいくつかご紹介しますね。

 

Matt GondekというLA拠点のポップアーティスト。

これね、近くで見ても仕事が丁寧だし、なんといってもアイデアが好き!

言わずもがなですが、シンプソンズ。スケルトンになってます。笑

 

同じく Mattの作品。


 

こちらはパリ出身のアーティスト、HOPARE

 

彼の作品は2メートルの大判作品ばかりがあったせいか、インパクトありましたね。

眼差しの描き方が個人的には好き。

 

で、こちらがイタリアのアーティスト、Pixel Panchoの作品。

 

 

 

という感じでした。会場ではDJプレイやブレイクダンサーによるパフォーマンス、

それにインスタント・タトゥーのワークショップなどもあって楽しかったです。

 

でも用事終わったらすぐ去りましたが(笑)

ベガス雑感。

  • 2017.06.16 Friday
  • 10:40

JUGEMテーマ:旅行

 

約3ヵ月ぶりの更新。私がブログのことを思い出す時ってSNSで繋がっている人がブログを更新してる時。

その人達が私の何倍も多忙なはずなのにブログを更新しているので、私にサボる理由などないんですよね。あはは

沢山書こうとせずに、書けることをかけばいいのよね、自分のブログなんだから。ふむふむ。

ということで昨日In This Momentのライナー締め切りが終わって一段落したので、

お蔵入りしかけた写真をまとめてブログにまとめます。

 

 

 

先日ラスベガスへ行ってきました。

 

個人的には3回目かな?

 

たぶんLAに住んでる人の中ではあまり行ってない方かも。あはは。

 

本当は4回行ってるはずだったけど、初めて行く予定だったその道中、フリーウェイで後ろから追突されて

車の基盤がアウト。何度も行ったことがポモナを過ぎていよいよ初のベガス!リアル兄姉のように

仲良くさせてもらっているリーダーといそさんが待つベガスへ意気揚々。

オイルも交換して向かったっていうのに…ていう残念な思い出が私の足を遠のけ続けていたり、

カジノ運なかったり、とかそんな理由があって。

 

レコード会社にご招待頂いたImagine Dragonsのセカンドアルバムのリスニングイベントにご招待頂いたのは

とっても良い思い出ですね。

 

ということで、1年だか2年ぶりだかのベガス。

今お手伝いしている仕事のひとつに関連した用事で急遽決定。

 

ホテル代はゼロ!なので自分で手を挙げて車出しました。

 

行きも帰りも奇跡的に読みが当たってノートラフィック!

 

4時間ほどのドライブはガールズトークにまみれて楽しかったです。

 

さて、そんなベガスでキャプチャーしたあれこれをダラダラと写真載せちゃいます。

 

 

Wynn Las Vegasというホテルは初めて行ったんだけど何ここ!?ってぐらいゴージャス!

ここから1歩も出なくてもプール、レストラン、カジノ、ショッピング、ライヴが楽しめる。

宿泊していないので部屋の中は見ていないけれど、次来るならここに泊まりたい。

 

オトナの遊園地!?的にフラワーデコのメリーゴーランド。う〜ん メルヘン!



カジノエリア。ゴージャスでビックリ!宮殿みたいね〜なんて話してました。

カジノってプレイしている人はドリンク無料なんですね。

飲食代以上に負けてお金を落としてくれることが分かっているからかな?苦笑

よく出来たシステムです。

私これまで知らなかったからいちいちバーに行って飲んでた!そしてカジノで負けてた。

アホ過ぎる!!もちろん今回宿泊したホテルであれやこれやオーダーしましたよ。笑

 

そんなWynnのショッピングエリアの一角で売られていた仏像。

Saleはやめて〜 笑

価格は怖いのでリサーチしてません。

 

 

こちらはむしろ前向きに値段を調べたスカルプチュア。

だってかのジェフ・クーンズですよ!なんとこのホテルのオーナー、スティーブ・ウィン氏が

2014年に28ミリオンダラーで購入してました。今のレート($1/110.84yen)で換算すると約31億円!どひゃーーーっ!!

しかももうちょい調べたらこのポパイ、今年の終わりにWynnがマサチューセッツにオープンするリゾーソ施設に移す予定があるらしい。

そしてそしてスティーブさん、アートコレクターから60ミリオンダラーでこのポパイ像の購入オファーを2015年に受けたそうですが断ったそうです。よほど好きななのか、それともそれじゃ安いと思ったのか…。

いずれにせよ、レベルの違いに口ポカーン!私なんて3ケタの買い物だってドキドキするのに!

 

 

最初に紹介したメリーゴーランドと少し離れたところにあった、こちらもフラワーデコされたバルーン。

ホテルの中なんですけどここのエリアには自然光がたっぷり。樹木もあってカジノで1日中暗いところに

いるばかりの人もここでリラックスできそう。

 

この時計、クール!

 

ん〜でもってこのWynnへ行った目的がCOUTUREというジュエリーのコンベンション。

コンベンションセンターの入口写真を撮りましたが、ギラギラしすぎ(笑)

いつかここを我が物顔で歩きたいと野望を抱いてしまうのは私だけですか?(笑)

中は世界からやってきた様々なジュエリーブランドが。見ているだけで幸せな気持ちになりました。

買えればもっと幸せなんでしょうけど




ベガスにニーマン・マーカスあるの知らなかった!ニーマン・マーカスっていうのは高級デパートです。

オシャレさん御用達のデパート。

ニーマン・マーカスを撮ったつもりなのに真横のタワーに苦笑。

Pが見切れただけでもしてやったりだわい!

ベガスに住む人の話だとやっぱりここの富裕層も現大統領によって良い思いしているらしいですよ(怒)

 

近々また帰ってこよ〜っと!真夏は暑すぎて避けるけど。笑

私が行った6月頭ですら外はドライサウナみたいな酷暑でしたから。

Go, god Vishnu will be with you

  • 2017.03.23 Thursday
  • 12:25
アメリカに移住して良かったことの一つに、色んな国の人と繋がれたことがある。

もちろん日本にいながらそのチャンスを得る人は大勢いるだろうけど、日本にいた頃の私は英語の壁の前にどこか踏み出せずにいた。

アメリカに住めば何とかなる!と思っていざ住んでみたら、たとえアメリカに住んでも、日本人だけと仕事をして、遊ぶことだってできて、実際そうやって10年も20年も日本人コミュニティの中で快適に暮らしている人がいることに驚いた。

でも、私の望んでいるのはそれではない。
アメリカに限らず異文化を知ること、触れることが楽しいので、敢えて日本人コミュニティからほんの少し離れて暮らしている。こちらにももちろんいる、素敵な日本人の方々との出逢いは大切にしてはいるので、あくまで少し距離を置いている感じ。


学生ではないから、簡単に友達ができるわけでも、しょっちゅうハングアウトすることも出来ないけど、
信頼関係で結ばれた人たちは私にとってアメリカで手に入れた宝物のひとつ。それが人種を越えていると尚更特別だ。


その中の1人が、インド人のBさん。

彼は私がお世話になってるアーティストのスタジオで経理を担当していて、ファイナンシャル系はもちろんのこと、MBAなど複数の資格を所有している人。


現在は台湾人の顧問弁護士がいるけど、スタジオには当時彼と私しかアジア人がいなかったのも起因しているかもしれない。そんな彼がある日こんなことを言ってくれた。

「日本へ行ったこともないし、確たる理由はないけど、本当のファミリーのように大切だし可能な限りサポートしたいと思っているよ」


と言われた。


その言葉の通り、スタジオのボスとの交渉術、ビジネスの成功法則など様々なアドバイスをくれて、「その調子で頑張るんだよ!」

といつもエールをくれる。


スタジオへ顔を出し、タイミングが合わずにハグをしそびれていると
「アヤー、僕のことを忘れたのー?」
とおどける。


昔から男兄弟が欲しかった私にとって彼は最高に素敵なインド人のお兄さん。

もちろん来週から始まる私の日本/シンガポール滞在に関してもエールを送ってくれたのだが、

それがタイトルの言葉。

Vishnu



シヴァなら耳にしたことがあったけど、ヴィシュヌ?


こちらのお方でした。



写真中央がヴィシュヌ。


もう少しググってウィキペディアから。

ヴィシュヌ派ではヴィシュヌは形の無い形而上的なコンセプトであるブラフマンと同一視され、至高のスヴァヤン・バガヴァンであるとされ、また、ヴィシュヌは世界が悪の脅威にさらされたとき、混沌に陥ったとき、破壊的な力に脅かされたときには「維持者、守護者」として様々なアヴァターラ(化身)を使い分け、地上に現れるとされている。


ヴィシュヌ派の最高神とも書かれていたけど、Bさんのエールはすごいものだった!!

あぁなんだかこれだけですごく希望が持てた。


私は無信仰だから
「仏様と共にありますように」

なんて言えないから、こんな言葉をサラッと送ってくれるBさんが素直にかっこいいと思った。



そんなBさんには日本のカレーをお土産に持ち帰ろうとしてるんだけど、喜んでくれるかな?笑

ちょっと物騒なんです...

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 06:55



タイトルと写真の関連は無いけれど...ハリウッドで発見した、俳優ダニー・トレホのタコス屋さん。

深夜だったから余計に貫禄があった気が。お店の前にイカつめのセキュリティーも立っていたりするんですよね。入りづらい...。




初めてLA旅行した2003年、レンタカーでグルグル回っていたら、ダウンタウンでホームレスが大勢住み治安が悪いスキッドロウへ行ってしまい震えたことを皮切りに、
映画「Straight Outta Compton」でおなじみになったであろう、コンプトンを通過しちゃった時も心拍数上がったりしたわけですが、
私が住むウェスト・ハリウッドも安心しきれるわけではないのです。

毎日とはいいませんが、近所を歩けばちょっと怖めな人たちを見かけたり、深夜や明け方は1人で外を歩かないようにしています。

私の住むアパートは目抜き通りからちょっと中へ入った住宅地で、比較的静かなのですが、ホームレスがリサイクルゴミ漁ってたり、中には立ち止まってお酒飲んでたり、ある時は注射針が落ちてたりで、ちょっと怖いことも起こります。


因みにこの2日間に限ったことを例に挙げますね。

近所にある、Costco的な業務用品がお得なお店、Smart & Finalでのこと。このお店は私が昔通っていたESLクラスがある市の施設の斜向かいにあって、その施設は子供や高齢者が長閑に過ごす憩いの場なのですが、
2日前、用があってそのスーパーへ行こうとすると、不審な動きで自転車に乗った男性がパーキングの入り口を徘徊していました。

私の印象はその程度だったのですが、治安の悪い地域に住んでいたこともある相方君が、「彼、隙あらばケンカ売ろうとしてる感じだ」と。

車を駐車し、いつも以上に施錠などを確認した後、お店のエントランスへ向かうと、そのチャリ君が連れの男性を伴ってエントランスにいるのを発見。

しかしそのお店は入り口と出口で自動ドアがキッチリ分かれていて、彼らは入り口から出ようとしていたわけです。

当然ドアは開きません。


でも、頭のてっぺんまでタトゥーまみれのその連れの男性はドアを壊すかの勢いで無理やり開き、出た瞬間、ドヤ顔でした。
それが悪ガキ的なテヘッという感じではなく、明らかにギャング。映画に出てくるギャングって役者であって、本物のギャングって身に纏ってる殺気が違うなと身を以て学びました。

チャリ君と一緒に去って行きましたが、おかげでドアがエラーを起こし、入り口に立つ私たちは店員がドアの設定をリセットするまで待つことに。


それ以上のトラブルが起きなくてホッとしました。



そして昨日。

家の目の前にいた相方君から電話が。
「変な男がウチのパーキングの車を物色してる...」

外へ出ると、1人の男性がフラッシュライトとキャリーを持ち、近所を徘徊。彼の言う通り、路駐された車を1台1台ライトで照らし、付近の路上を照らしてる。
何か落として捜索しているのとは明らかに違うので、警察を呼んだ相方君。


私は外に停めていた車をガレージの中へ避難させて部屋に戻ったのですが、相方君によれば 駆けつけた警官がその男を尋問し、キャリーを開けると、中からiPhoneのケーブルやiPad、現金などがボロボロ出てきたそうです。

アメリカでは車の見えやすいところにバッグや金目の物を置いたままにして駐車していると危険だという話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、本当なんだなと。

一昔前だとカーオーディオも盗難を防ぐために駐車のたびにデッキを外して隠していたそうですが、最近はビルトインなのでまぁいいとして。

でも面倒だからとiPhoneのケーブルを車に挿しっぱなしも良くないのです。

改めて、戸締り、車のロック、そして面倒でも車はガレージの中に入れようと思いました。

日本で楽しみなプロジェクト!

  • 2017.03.19 Sunday
  • 11:19
日本にいた頃の私の仕事は、


音楽ライター/ラジオTVの音楽番組ホスト/映画プレミアなどの司会

でした。

2011年に渡米後、ひょんなことから、

ESL(外国人向け英語クラス)の元クラスメイトからの紹介という流れから、
アートの仕事が加わったのが2013年の終わり。

試行錯誤を繰り返してこれまで2度の出張で携わっているアーティストと日本へ帰りましたが、

今回は本当に1から自分でかけあって実現したショウとイベントを控えての日本。

すでに感無量なのです。

まずは先日フライヤーが完成したこちら。






山梨県にある世界唯一のキース・へリングに特化した美術館、
中村キース・へリング美術館にて行うライヴ・ペインティングにはフローリー


そして、






お台場のGallery21で開催の合同展にはThe Producer BDBとフローリー、そしてカール・ラガッセとミスター・ブレインウォッシュという、私が携わる4組が!

さらにさらに、

4/14(金)には六本木の元ホテル・アイビス跡地にに今月末オープンするバー、Tokyo RでThe Producer BDBとフローリーがライヴペインティングを行うことが決まったんです!



まさかこんなにいろんなことを詰め込めるとは思っていなかったので嬉しい限り。

それも周り方のサポートあってのことですし、アーティストの理解あってのこと。
さすがにこれ以上のイベントを増やす予定はありませんが、今は今後のチャンスを増やすために色々と模索しています。

そんな中、Motionless In Whiteの新作解説執筆依頼も頂いて、なかなか慌ただしいことに。


頑張るしかありませんね!

我が家の癒し

  • 2017.03.17 Friday
  • 10:17
かれこれ1ヶ月前でしょうか。

我が家にベイビー・グランドピアノがやって来ました。



調子に乗って弾いてる風の写真。


弾けないけど撮るよねー笑


SKINDREDが昨年Whisky A GoGoでライヴした時のフーディー。これめっちゃお気に入り。裏起毛とかでもなく厚めのTシャツ位のコットン製で、大して寒くならないLAでは超重宝!



実は相方君はかつてベイビーグランド持っていたのですが、引越しする部屋に入らず手放したんですね。


でも、今の家のリビングならまぁ置けなくはない。


ということで先日Craigslist(アメリカではおなじみのクラシファイド・サイト)で探して手に入れたのでした。


で、ここでクイズです。



いくらだったと思います?



なんと!




500ドル!




5万円ほどですよ。


安すぎる。


ベイビーグランドなのに...。


住宅事情などで手放す人も少なくないのかもしれませんね。

誤解ないように書きますが、決して裕福なんかじゃありません。

どちらかといえば懐事情はギリギリ!日本にいた頃と収入は半分かも?

新しいことに挑戦しているのでここ3年ほどは特に「種まき」と思って、買いたい物も出掛けたい場所も、それからヘアカットやネイル、エステだって行けない。

でも、ライヴや映画を観に行くことまでは我慢したくないし、暮らしに少しでも喜びをもたらすものならば、他を我慢しても優先させたいんですよね。

このピアノを見つける前に中古ピアノ業者と知り合っていて、そこが配送、設置、調律含めて0で請け負うとのことで、しめて0なのでそれなら許容範囲。って相方君のピアノなのでタッチしていませんが。


サウスベイから1時間半ほどの距離を運んでもらってということを考えるとかなりお得!


せっかくなので私もちーびちびテキスト見ながら練習しています。


これまでは、チューリップと猫踏んじゃったしか弾けなかったので、テキストブックと睨めっこしてます。でたまーに「Welcome To The Black Parade」のイントロや「City Of Stars」(映画「LA LA LAND」)を片手で弾いてみたり。


ド初心者ですが、それでも鍵盤のカバーを開けて、ポロンと鳴らすだけで癒される。

いいスピーカーから聴く音楽もいいですが、やっぱり生音っていいですねぇ。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

twitter

amazon.co.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

グラヴィティ
グラヴィティ (JUGEMレビュー »)
アゲインスト・ザ・カレント,TAKA

recommend

recommend

recommend

recommend

ホープ
ホープ (JUGEMレビュー »)
ザ・ブラックアウト

recommend

マインド・ゲームス
マインド・ゲームス (JUGEMレビュー »)
サイレント・ディセント

recommend

キッス・ザ・サン・グッバイ
キッス・ザ・サン・グッバイ (JUGEMレビュー »)
ヴァンパイアズ・エヴリウェア!

recommend

recommend

recommend

イン・ゴールド・ブラッド
イン・ゴールド・ブラッド (JUGEMレビュー »)
キッズ・イン・グラス・ハウス

recommend

recommend

スワン・ソングス
スワン・ソングス (JUGEMレビュー »)
ハリウッド・アンデッド

recommend

ハイドロ・フォニック
ハイドロ・フォニック (JUGEMレビュー »)
ファンク・ジャンキーズ

recommend

ゼブラ!ゼブラ!
ゼブラ!ゼブラ! (JUGEMレビュー »)
フェイク・シャーク-リアル・ゾンビ!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター
アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター (JUGEMレビュー »)
ウィズイン・テンプテーション,アネク・ヴァン・ガースバーゲン,キース・カピュート

recommend

recommend

recommend

サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~
サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,リヴィング・エンド,インミー,アレクシスオンファイアー,ハノイ・ロックス,チープ・トリック,アーミー・オブ・フレッシュメン,イカルス・ライン,タヒチ80,ザ・プロディジー,プラシーボ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ライズ
ライズ (JUGEMレビュー »)
アニュー・レヴォリューション

recommend

recommend

recommend

recommend

青い誘惑(初回限定盤)
青い誘惑(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
キュート・イズ・ワット・ウィ・エイム・フォー

recommend

recommend

recommend

ペダル・トゥ・ザ・メタル
ペダル・トゥ・ザ・メタル (JUGEMレビュー »)
ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE DEEP END
THE DEEP END (JUGEMレビュー »)
ビー・ファウンディション

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM