2011年も宜しくお願いします

  • 2011.01.11 Tuesday
  • 15:15

本日は

2011/1/11

1が5つも並んでますね!!
・・・本当は今年の元日、
2011年1月1日1時11分
という時間を狙いたかったのですが、
川崎に住む親戚の家で年越しをし、
年末の大掃除の疲れもあってかあっというまにアルコールに大敗。
1時を迎える前に夢の中でした。

みなさんはどんなお正月を過ごしたんでしょう?
素晴らしい新年を迎えられていますか??


その他私の年末年始はといいますと...

上記写真はJR品川駅構内に展示されていた、人間サイズのドデカ「どん兵衛」。

門松との相性もさることながら、
シャキッとまっすぐな麺をアピールしつつのお箸!
そんな部分にほほぅと唸っちゃいました。

・・・で、以下はお正月休みにご覧になった方もいらっしゃるのでは?
羽田空港 国際線ターミナル4Fにある江戸舞台。
とにかくピッカピカでしたし、モダンな雰囲気。
この舞台を挟み、外国人の方がよろこびそうな江戸の横町が左右に広がっていました。
私は1月5日に5FのプラネタリウムカフェStarry Cafeで映画『白夜行』のイベントMCのため、年末とイベント当日の2回訪れましたが、年末に行った時にはあまりに人がいなくてビックリしました。出国ラッシュ直前だったからかもしれませんが...。さすがに5日は大勢の方でにぎわっていたので、心なしかほっとしました。

もう1枚。

こちらは、元日の夕景ですね。
叔父、叔母、従弟妹、そして従弟がジャカルタ勤務時代に知り合い、現在は名古屋で働いているというインドネシアの青年とともに横浜散策をし、最後に向かったランドマークタワーそばで見掛けたのですが、コーラルピンクからブルーグレーへのグラデーションと、ぽつぽつと並ぶ街灯のバランスが個人的には気に入りまして、
元日にこの光景に出逢えたことにちいさな喜びを感じていました。

私自身、2年ほどは日本でお正月を過ごすことは出来ないので、
<いかにも>なお正月にしたいと思っていたんですけど、
親戚と、インドネシアの青年と迎えたカウントダウンも、元日の散歩も心が和みましたし、
元日の夜は、仕事を通して知り合った妹のように可愛い女の子たちと
泣いて笑って飲んで歌って...その他様々な珍トラブルもありながら気づけば2日の朝を迎えてましたね。


さて、そんな2011年ですが、

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますし、詳しくはbayfm『Dig The Rocks』内コーナー「Aya's Eye」ブログ(http://ayaseye.digtherocks.com
をご覧頂ければと思いますが、

9年3カ月担当させて頂いた番組を年内いっぱいで卒業し、
3月上〜中旬頃から約2年の予定でロサンゼルスに滞在、
仕事上でのスキルアップを目指して修行することになっています。

Dig The Rocks以外のラジオレギュラー(JFNの2番組(『New Disc Preview』、『See You Next Week!』)
は4月以降のことが決まり次第ご報告させて頂きますし、

雑誌(『Grindhouse Magazine』『bounce』)は、渡米後も書かせていただこうと思っています。

このブログ、といいますかホームページ自体をに、今、リニューアル中です。
トップページからブログへアクセスして頂いている方もいらっしゃることと思いますけど、
Flash Playerなどを使ったページを作ってもらって満足はしているのですが、
実は、ブログ以外のページを私が変更できない状態でして、
それが何年も続いているのです。
とにかくもったいないし、むしろ、このサイト自体を私のプロフ的要素から、簡易的でもいいので、画像や映像、インタヴューやレヴューなどを紹介するウェウマガジンのようにしたいのです。

・・・といっても、自力で行っているので時間がかなりかかっております。
が、自分でやれる限りはやってみようかと。何事も勉強しなければ!!
なので、場合によってはご迷惑をおかけするかもしれませんが、
どうか温かい目で見てやって頂ければ幸甚です。

といったわけで、
野望と願望と情熱は盛りだくさん。
語学力と知識が足りないというこの差を少しでも埋めるべく、
まい進していきます!!!!

なんてったって今年は飛躍の卯年ですからね〜


実は私、小〜中学生の頃うさぎを飼っていたんです。
ミミって名前(ベタですね〜笑)で、人参はもちろん、我が家では乳草と呼んでいた(正式名称は不明)野草がお気に入りの食欲旺盛なうさぎで、
とうぜんながらメタボなボディーだったんです。
で、そんな彼女の小屋を掃除するのにドアを開ける度、タッタラタ〜〜〜ッと逃走を試みて、車の下へ潜り込むんですけど、
車体に体が食い込んで、身動き取れなくなっちゃうのが常で。笑

そんなミミを笑って引きずり出していたことを思い出されます。

そんなミミを思えばウサギといえば間違いなく飛躍、なんて言い切れないのですが、
彼女のように体はふくよかでも心は野心に溢れている、
そんなアグレッシブな姿勢でいたいなと思っている私でございます。

・・・なんだかダラダラ書いてしまいましたが、
寒さの厳しい日が続いているので、
風邪やインフルエンザなどにかからないよう元気にお過ごしください。

そして、みなさんがこれまでで最幸の1年を過ごせますよう、心からお祈りしていますね。

『See You Next Week!』

  • 2009.10.14 Wednesday
  • 11:07
JFN系FMステーションで放送中の
『See You Next Week!』

考えてみたら担当させていただいて
かれこれ6年になりますこの番組、

今秋も放送がんばってます!

ということでネット局をご紹介します。

以下21局になります。

FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、ふくしまFM、
FMぐんま、FMとやま、岐阜FM、FM三重、FM滋賀、
FM山陰、FM岡山、FM山口、FM香川、FM徳島、
FM高知、FM佐賀、FM長崎、FM大分、FM宮崎、FM沖縄



お住まいの地域がネットされていましたら、

毎週日曜23:55~24:00


翌週月曜からの1週間の<今日は何の日>をチェックしてみて下さいね!

Breathe Carolina『Hello Fascination』ライナー・ノーツを書きました。

  • 2009.10.11 Sunday
  • 23:56






10月3日にリリースされました、

米コロラド州デンバーの男性2人組、
Breathe Carolina

セカンド・アルバム

『Hello Fascination』

すでに購入くださった方、感謝感謝でございます!!

エレクトロは今のロックシーンと本当に密接だなと感じるわけですが、
ラップトップ・ミュージックが当たり前の世代ならではの自由なミクスチャー感覚によって生み出されたダンス・コアです。
日本盤同時リリースとなったファースト・アルバム『It's Classy, Not Classic』
はまさにGarage Band(音楽編集ソフト)を使って作られたセルフ・プロデュース作でした。

それと、最近はロックバンドが
ポップ・ミュージックに対する取り組みをより積極的に行っているとも感じておりますが、
やはり彼らもスクリームなどしながら決してポップの枠から飛び出すことがありませんので
広く聴きやすい作品ではないかと思うのです。

今回、Fearless Recordsへ移籍して、
Mike Green(The Matches)と、Matt Squire(Panic At The Disco,Forever The Sickest Kids,The Used)。
を迎えて作られています。

今夏はWarped Tourに参戦して熱狂的なキッズをFascinate(魅了)していた彼ら、
ぜひとも日本にやってきてほしいなと願ってます。



『Grind House Magazine』最新号発売中!

  • 2009.10.07 Wednesday
  • 10:38






毎号書かせて頂いている


『Grind House Magazine』
最新号vol.56が店頭に並んでます!

今号では
MUSE、10FEETのディスコグラフィー、
INMEやHEAD PHONES PRESIDENTのインタビュー、
そして
いくつかのディスクレビューを書かせて頂きました。


何卒
お手に取った暁にはそのままレジへ向かってくださいまし。


『山形スクリーム』完成披露MCやります!

  • 2009.07.18 Saturday
  • 20:24



ストレート・エッジなスキンヘッズのカリスマ
MINOR THREAT聴きながらこのブログ書いてます。

いつ聴いても素敵です。
気合い注入!!!!


先日ちらっと話したのはこのお仕事。

来週木曜に完成披露試写会が催されますこの作品。

『山形スクリーム』はですね、
あの竹中直人監督が手がけた、初のコメディ作品なのです。

監督6作目にして真骨頂であるコメディを手がけてらっしゃるわけですが、
まさに竹中さんワールドが炸裂です。

ホラー、落武者、ゾンビ、竹中さんギャグ、他映画へのオマージュ(もはや日本のタランティーノと呼びたい!)、そしてヒューマンドラマとラブストーリー、パンク魂、山形弁・・・

うう、まだ書ききれてない・・・それくらい貪欲な作品です。

笑えて和めてあったかい。
まるで監督らしさそのもののような。


8月1日からの公開です。


どんな舞台挨拶になるのか、楽しみです。



3連休ですが、みなさまいかがお過ごしですか?
楽しんでいらっしゃるなら何よりです!!

私ですか?
祝日って文字が辞書にないのです・・・。フリーランスにはいいことなんです、ハイ。
ライナーノーツ2本を中心にもろもろ・・・。
それこそスクリームしながらMINOR THREATで暴れ狂いたいくらいのハイテンションです!





musicshelfに連載します!

  • 2009.07.14 Tuesday
  • 01:11


初めてお仕事させていただきました音楽発見コミュニティ、musicshelf

http://musicshelf.jp/


に、私の連載(前、後編の2回)その名も「宮原亜矢のNext Break」の前編がアップされました!

心を込めて、みなさんもご存知のバンドからこれから知名度を上げてくる注目株まで
全部で10組、ご紹介していますので
ぜひ遊びに行ってみてください。邦楽情報が特に充実していますが、
音楽コミュニティサイトなので、無料でご自分のプレイリストを作成できて、
嗜好の合う音楽ファンと繋がれるんです。
私のページでもそうですが、紹介している作品が欲しいと思ったらすぐに購入可能なページへジャンプできるのも便利ですし。
私も今の締め切りが一段落したらさっそく自分のページを作成してみようと思っています。

上記URLをクリックしていただければリンク貼ってありますので、ぜひとも飛んでみてくださいね〜

誤操作で消えてしまったThe Dreaming情報を再び・・・。

  • 2009.07.10 Friday
  • 10:38



なんてことでしょう!!!!!

ちょっとした操作ミスってありますけど、
ブログ消してしまうことってかなりくやしいっ

応援もしたいので改めて書きます。

7月8日Louder! Records第1弾リリースとして
The Dreaming『Etched In Blood』
が発表されたばかりです。

彼らは2005年結成、ハリウッドで活動中の男性5人組。
サウンド・スタイルとしては
ロックンロール、パンク、ゴス、エレクトロにメタルなどを含んでいて、
ジャケットのイメージからも想像できるかもしれませんが、
とても情熱・・・否、激情ほとばしる歌詞にも注目してもらいたいです。


中心人物クリストファー・ホールのコメントを交えながらライナー・ノーツを書かせていただきました。
彼はStabbing Westwardのメンバーとしてメジャー・デビューしていたことがあります。
Nine Inch NailsやMarilyn Mansonらに代表されるインダストリアル・ロックの系譜を受け継いだサウンドで人気を博しましたが
ラジオヒットを狙えるような曲を求められる、いわゆるメジャー的なリクエストに応えることに疑問を感じたことなどがあってバンドは解散、
このバンドで自分の本当にやりたかったことを実現させているわけです。


ぜひ聴いてみてください。その他彼らに関して知り得たことはライナーノーツに詰め込んだつもりですから。

彼らのマイスペなど以下に貼付けておきますので曲を聴いて気に入ったらCDショップへGO!!!!!
下のプレイヤーでplayボタンをクリックすれば曲は聴けますし、PICSをクリックすればライヴ写真などもチェックできますよ。


★The DreamingのMyspace

http://www.myspace.com/thedreaming


★日本のレーベル:Louder!のMyspace

http://www.myspace.com/louderjapan




The%20DreamingQuantcast



本日あの旬な芸人さんとお仕事します1

  • 2009.07.02 Thursday
  • 06:43



先週行って来たLAレポを載せたいのですが
諸々あって・・・ってiPHOTOで写真の編集が難しいのです。泣

ということでまずはこちらから。

本日渋谷シネクイントで開催の
『サンシャイン・クリーニング』試写会イベントでMCをやりますが、

なんとゲストに

はんにゃ

平成ノブシコブシ

をお迎えするのです!!

2006年に公開され、アカデミー賞 主要2部門を受賞の『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデュース・チームが再集結しての本作、

期待を裏切らないヒューマンドラマ。あったか〜い気持ちになりました。
主人公の美人姉妹
エイミー・アダムスとエミリー・ブラントはもちろん、
子役のジェイソン・スペヴァックなどなど
リトル〜にも通ずる、誰も彼もが問題を抱えているキャラクター設定を
とてもリアルに演じきっています。

ど真ん中でなくともキャストの誰かのどこかに共感、自らを照らし合わせてしまう方は多いのではないかと思います。
オリジナルの脚本がいいということもありますし、
やっぱり、総合的なプロデュース力の賜物なのではないかと。

姉がいて、現在片親の私には姉妹の気持ちにとてもはまり込んでしまいました。




7月11日より公開です!!

コメント掲載されました!/RIVERBOAT GAMBLERS

  • 2009.05.18 Monday
  • 19:40




洋楽天国Tuesday内Aya's Recommend 3で今月プッシュ中!
次号Grindhouse Magazineではヴォーカル、マイクへのインタヴュー記事を書かせていただきました、

テキサス州オースティン出身のパンク/ガレージ/R&R、それから恐らくブリットポップも好きだったりするんじゃなかろうかという
ナイスなバンド、

RIVERBOAT GAMBLERSの、

今週水曜リリースとなる日本デビュー・アルバム
『UNDERNEATH THE OWL』

のブックレットに、私の応援コメントが掲載されました!!


他の方々が
ZEBRAHEADのベン、BEDWIN SOUNDCRASHのジェイ、THE SUICIDE MACHINESのダン、そしてサーファーのショーン・スレイターっていう、
そんな中に混ざって本当に恐れ多いのですが、
彼らへの愛情は負けないつもりですよ。


これからの季節にピッタリなアルバムなので

ぜひぜひ買ってくださいね〜

参考までに彼らのPVをアップしておきますね〜



謹賀新年♪

  • 2009.01.01 Thursday
  • 06:07



A HAPPY NEW YEAR!!!!!!!!!!!!!!!


2009年が明けましたね〜。

私は敢えて仕事で幕開けの2009年です。
今一段落ついたので
初日の出を待ちながらこのブログを書いてます。


写真は、かつてはバブリーなライトアップの並木道でおなじみだった表参道。エコロジーを意識して、
ささやかだけど断然癒されたキャンドルのライトアップと、
我が家のキャンドルちゃん。エコに繋げてエコ我が家で大活躍のエコ加湿をバックに撮ってみました。

キャンドルっていいですね。

思考の邪魔にならない。

むしろ、集中力が増すので考えがまとまります。

視力低下は気をつけなきゃいけませんが(最近本当に近視化進んでるんですよね・・・ある程度ケアしてダメならレーシックにトライします。)


昨年もみなさまのお力で仕事に燃えることが出来ましたこと
心から感謝申し上げます。

どこまで実現するかは分かりませんが、
今年は新たな分野へのチャレンジも視野に入れています。

そう遠くない未来に、
このブログを通してご報告できればいいなと思っています。

不景気の底が見えず、
正直不安も多々あります。

しかし、

不安や現実に目を背けず、打ち勝って行きたい。

夢や目標を大きく持って
そこへ向かって走って行きたい。
後悔しない人生を送りたいですもんね。

欲を言えば、2008年はほぼ崩壊していたプライベートも充実させなきゃ!!
そのためには人として成長する必要がありますけど。

こんな私ですが、どうぞご指導ご鞭撻、そしてできればご支援願います。



最後に、
みなさまにとって2009年がさらなる飛躍とご多幸ならびに健やかな年でありますように。。。。。。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

twitter

amazon.co.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

グラヴィティ
グラヴィティ (JUGEMレビュー »)
アゲインスト・ザ・カレント,TAKA

recommend

recommend

recommend

recommend

ホープ
ホープ (JUGEMレビュー »)
ザ・ブラックアウト

recommend

マインド・ゲームス
マインド・ゲームス (JUGEMレビュー »)
サイレント・ディセント

recommend

キッス・ザ・サン・グッバイ
キッス・ザ・サン・グッバイ (JUGEMレビュー »)
ヴァンパイアズ・エヴリウェア!

recommend

recommend

recommend

イン・ゴールド・ブラッド
イン・ゴールド・ブラッド (JUGEMレビュー »)
キッズ・イン・グラス・ハウス

recommend

recommend

スワン・ソングス
スワン・ソングス (JUGEMレビュー »)
ハリウッド・アンデッド

recommend

ハイドロ・フォニック
ハイドロ・フォニック (JUGEMレビュー »)
ファンク・ジャンキーズ

recommend

ゼブラ!ゼブラ!
ゼブラ!ゼブラ! (JUGEMレビュー »)
フェイク・シャーク-リアル・ゾンビ!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター
アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター (JUGEMレビュー »)
ウィズイン・テンプテーション,アネク・ヴァン・ガースバーゲン,キース・カピュート

recommend

recommend

recommend

サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~
サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,リヴィング・エンド,インミー,アレクシスオンファイアー,ハノイ・ロックス,チープ・トリック,アーミー・オブ・フレッシュメン,イカルス・ライン,タヒチ80,ザ・プロディジー,プラシーボ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ライズ
ライズ (JUGEMレビュー »)
アニュー・レヴォリューション

recommend

recommend

recommend

recommend

青い誘惑(初回限定盤)
青い誘惑(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
キュート・イズ・ワット・ウィ・エイム・フォー

recommend

recommend

recommend

ペダル・トゥ・ザ・メタル
ペダル・トゥ・ザ・メタル (JUGEMレビュー »)
ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE DEEP END
THE DEEP END (JUGEMレビュー »)
ビー・ファウンディション

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM