Gerard Wayのコミック『Umbrella Academy』、TVアニメ化の可能性浮上!

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 05:24

出かける前なので、熟読していないのですが、

USA Todayが報じたところによると、Universal Cable Productionが、Dark Horse刊行のコミックから
アニメ化を検討中で、その候補にGerard Way原作の『Umbrella Academy』が上がっているとのこと!

決まってくれ〜〜〜〜〜っ だって音楽とかGがやってくれるのかな?なんて期待が募ってしまいますし。


情報ソースリンク:
http://www.usatoday.com/story/life/tv/2015/07/07/universal-cable-dark-horse-entertainment-set-first-look-deal/29813237/

*あああ!もっと書きたいし記事もちゃんと読みたいけど、出かけなきゃならないのでとりあえず速報的に。


 

Gerardバースデー記念!近頃のMCR情報まとめてみました(ほんのちょっぴり)

  • 2011.04.10 Sunday
  • 17:53
Gerard Wayが4/9に34歳になりました!


USツアー中なので、バースデー・ナイトはメンバーやスタッフでお祝いしてもらったのでしょうか??

ということで、しばらくぶりのブログですっかりたまってしまったMCR情報もいろいろアップして行かなければならないのですが取り急ぎ。


ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、

80’sの日本の洋楽番組で観たようなテロップ、エフェクトもめっちゃ楽しい「Planetary(GO!)」のPV。『Danger Days』から作られたストーリー仕立ての作品とは違い、ライヴ・フッテージを用いたものになっています。出て来る漢字は中国語ですかね?


なんでしょう、Gerardの可愛さ!!!もはや反則です(笑)

で、続いてがPlanetaryの頃よりふっくらしていて(Frankもちょっぴり?)、リズムを取ると太ももがぷるるんするGerardにも注目ですよ!(ごめんなさいね、そんなところに萌えてしまうのです...)

ロック専門ラジオ局98.7FMでの『Summertime』アコースティック演奏をぜひぜひ。

 http://www.youtube.com/watch?v=GGh6xxr7UJI&feature=player_embedded



(*レポ加筆しました)My Chemical Romance Japan Tour 2011全公演セットリスト

  • 2011.02.11 Friday
  • 20:34

*写真提供Eちゃんに心からの感謝を送ります!白目Gerard...マニアックな1枚です。



やっぱり強行手段であろうと渡米前の大きな出費になろうとも全公演追いかければよかったと後悔しきりでございます。やっぱりいいバンドです、MY CHEMICAL ROMANCEってば。

というわけで今回私が観たのは横浜アリーナ2公演のみでしたが、
レーベルのブログから大阪、名古屋の分をリサーチして、全4公演のセットリストをまとめてみようかと。
 

1/31 Zepp Osaka

1.  NANANA
2.  THANK YOU FOR THE VENOM
3.  HOUSE OF WOLVES
4.  DESOLATION ROW
5.  OUR LADY OF SORROWS
6.  PLANETARY(GO!)
7.  SING
8.  MAMA
9.  THE ONLY HOPE FOR ME IS YOU
10.I'M NOT OKAY (I PROMISE)
11.SUMMERTIME
12.SAVE YOURSELF, I'LL HOLD THEM BACK
13.THE GHOST OF YOU
14.VAMPIRE MONEY
15.TEENAGERS
16.THE KIDS FROM YESTERDAY
17.HELENA
---------------------------------------------------
encore
1. WELCOME TO THE BLACK PARADE
2. CANCER


2/2 Zepp Nagoya

1.  NANANA
2.  THANK YOU FOR THE VENOM
3.  PLANETARY(GO!) 
4.  HOUSE OF WOLVES
5.  SING
6.  DESOLATION ROW
7.  OUR LADY OF SORROWS
8.  MAMA
9.  THE ONLY HOPE FOR ME IS YOU
10.I'M NOT OKAY(I PROMISE)
11.SUMMERTIME
12.SAVE YOURSELF, I'LL HOLD THEM BACK
13.THE GHOST OF YOU
14.VAMPIRE MONEY
15.TEENAGERS
16.THE KIDS FROM YESTERDAY
17.HELENA
------------------------------------------------
encore
1.WELCOME TO THE BLACK PARADE
2.CANCER


2/5 Yokohama Arena

1.  NANANA
2.  THANK YOU FOR THE VENOM
3.  PLANETARY(GO!)
4.  HOUSE OF WOLVES
5.  SING
6.  DESOLATION ROW
7.  OUR LADY OF SORROWS
8.  MAMA
9.  FAMOUS LAST WORDS
10.SUMMERTIME
11.I'M NOT OKAY(I PROMISE)
12.THE ONLY HOPE FOR ME IS YOU
13.THE GHOST OF YOU
14.VAMPIRE MONEY
15.TEENAGERS
16.THE KIDS FROM YESTERDAY
17.HELENA
------------------------------------------
encore
1. WELCOME TO THE BLACK PARADE
2. CANCER


2/6 Yokohama Arena

1.  NANANA
2.  GIVE 'EM HELL, KID
3.  WELCOME TO THE BLACK PARADE
4.  PLANETARY(GO!)
5.  SING
6.  FAMOUS LAST WORDS
7.  HOUSE OF WOLVES
8.  CEMETERY DRIVE
9.  PARTY POISON
10.SUMMERTIME
11.I'M NOT OKAY(I PROMISE)
12.THE ONLY HOPE FOR ME IS YOU
13.MAMA
14.THE GHOST OF YOU
15.TEENAGERS
16.THE KIDS FROM YESTERDAY
17.VAMPIRE MONEY
--------------------------------------------
encore
1. CANCER
2. HELENA


感想などは後ほど追記します。

(ということで以下追記します/2月11日)

ダダっと列記しましたが、いかがでしょう?
inter fmに生出演したFrankMikeyが言っていましたが、
今回のツアーは名古屋公演が基本のセットリスト。
とはいえ、キックオフの大阪と名古屋でやった「Save Your self,I'll Hold Them Back」は横浜では2日とも演奏なし、
対して横浜のみ演奏したのが「Famous Last Words」だったり、
基本セットリストは変わらずとも
それぞれに「観たかった!」とハンカチ噛んじゃうポイントがありますね。

まぁ〜何と言ってもツアー・ファイナルの2/6横浜アリーナは特筆したいライブだったように思います。

横アリ1日目は事前にセットリストを頂いていたのですが、
ファイナルに関しては受付に届いていなかったんですね。
レーベルの方からも「大きく変わることはないのでは?」なんて伺っていたんですけど、
違ったんですよね、これが!!
むしろ先にセットリスト頂いていなくて良かったです。リアルに驚けましたし、最後までどの曲が登場するかワクワクが続きましたから。
仕事上ないと困る事の多いセットリストではありますが、無い事の良さを教えてもらった気分でした。

話を戻すと、
それまで2曲目はセカンドアルバム『Three Cheers For Sweet Revenge』からの名曲"Thank You For The Venom"が定番だったのに、
"Give 'Em Hell, Kid"のイントロを聴いた瞬間、まるでカウンターパンチを喰らいましたもん。
Venomは前回のツアーでも武道館でも、サマソニの東京(大阪は未確認です。ごめんなさい)でもやっていなかったので、それはそれは待望の披露でしたし、"NaNaNa"からのフルスロットルな構成に大きく役立っていたのですが、Give 'Em,KidもVenomと並びマイケミのライブでは会場をスパークさせるRevengeからの名曲ですから、驚いたと同時に興奮しまくりましたね。
対してファーストアルバム『I Brought You My Bullets, You Brought Me Your Love』から"Our Lady Of Sorrows"も久々に聞けて歓喜に湧いていた方も多くいましたけど、ファイナルではSorrowsも、その他のファーストの曲も演奏されなかったので、ファイナルのみ行った1stのファンの方は「土曜も行けばよかった〜」なんて心境なのかもしれません。

私の知る限りですけど、MCRのツアーは基本セットリストを公演ごとに大きく変えるということはあまりありません。それだけに、今回はファイナルでこういう試みをしたことはとてもざん新でしたね。
まぁ、彼らもアルバムが4枚を送り出しているということで選択肢の幅も広がっていますし、観に行くファンにしてみても、観たい曲は1時間半の尺に収まりきらないわけで。
そんな中で、ジャパンツアーのセットリストも3回ほぼ変わらず行っていれば変えて楽しませようと言う気持ちになるのかもしれませんし、
心配されていたジェラルドの体調も快復(していたように見えましたね)したことで、
楽しませてくれたのかも、なんて想像します。

それから、あまり書きたくはありませんが、残念ながら今回の集客は芳しくなく、それを踏まえると大きな会場でスケール感をもたせるようなセットリストよりも、テンションを高めるようなセットリストで会場の隙間を感じさせないような流れがいいのでは、という判断もあったのかなぁと。...あくまで想像の範囲内ですけどね。いずれにせよ最終日のセットリストは(個人的にはvenomがあれば)完璧でした。

また、ファイナルでのみ演奏した曲で言えば、
Revengeからの"Cemetery Drive"そして『Danger Days』から"Party Poison"もそうですね。
この2曲は続けて演奏されましたし、Cemeteryの前にジェラルドが初披露を告げて演奏してくれたのでより印象的。
Party Poisonといえば日本人の女の子のアジテートが特徴的ですが、ライブではブリッジ部分をサビにアレンジにしていたのも新鮮でいい感じでしたね。

結局細かな部分の好条件が合わさって、ファイナルは本当に素晴らしい内容でした。

それはオーディエンス側に限らず
たとえば、前日は比較的大人しめだったFrankがVampire Moneyのアウトロで見せた4回連続ジャンプだったり、I'm Not Okayで大合唱が起きた後のGerardが連発した投げキッス(彼に少し流れるイタリア人の血を思わせる粘着系のしぐさでしたね)、アンコール終わりにMikeyが掲げたガッツポーズ、
そこかしこに彼らの満足度合いを伺い知れる瞬間がありました。

...総じて考えれば今回のジャパンツアーは、手放しで成功と呼べるものではないかもしれません。
それはアルバム『Danger Days』に関しても。あれだけジャンルの幅を超えて出した作品にも関わらず、『The Black Parade』の壁は厚いようで。

ただ、Gerardは横アリ公演の2日とも「『Danger Days』に誇りを持っている」と口にしていました。
その言葉に偽りはないのでしょうし、
The Kids From Yesterdayのように、メンバー自身の子供、そして今を生きるキッズたちへエールを送るような名曲も数多く誕生している、見事な1枚だと思います。

と同時に、期待以上に背負ってしまった『The Black Parade』の看板と向き合って、一度作った<ロックンロールへのライブレター>のような作品をボツにして、そして出した一つの答えとしての『Danger Days』に対する、ファンや世間のリアクションを肌で感じ、
その先のヴィジョンをいろいろ見ているのかもしれませんよね。

私はこれまでと変わらず彼らが大好きですし、
ライヴを観て、改めてそのことを実感しましたので、
これからも応援し続けますよ〜!

現状、5月に開催のLA公演へ行く予定ですので、日本公演との比較も楽しみです。


ご覧になった方もいると思いますが、以下は彼らが出演した『スッキリ!』の模様です。


My Chemical Romance Japan Tourスタート記念に写真を大量UP!

  • 2011.01.31 Monday
  • 11:46
ついに本日のZepp Osakaからスタートの

My Chemical Romance Japan Tour 2011

Gerard,Mikey,Rayの3人はかなり余裕を持って大阪入りし、グリコの看板前やアメ村、串カツなどを堪能したご様子。Frankも昨日大阪入りをしたそうで、
今朝はライブ当日にも関わらず大阪のFM局を訪れ収録を行ったWay兄弟。

そんな彼らの動向が報告されているレーベルのブログ

を見ると、久々の日本をとても満喫しているご様子で何よりです。

ツイッターを見ていると、2ショット写真撮影に成功しているファンの方もいて羨ましい限りです。

さて、今回私は全公演追っかけは諦めましたが、彼らの公演を応援する気持ちに陰りはありません!!!!

そこで、

タイムラグはありますが、昨秋のロンドン公演で撮影した写真をどど〜んとアップします。
本日の大阪も、明後日の名古屋も、それから週末2日間の横浜も
行こうか迷っている方は写真を見て超前向き検討をお願いいします!!

すでにチケットをゲットしている方はさらにテンション上げちゃって下さいね〜


以上がライブ写真。
ライブ写真って本当に難しいですよね...見づらいものも多かったかもしれませんがお楽しみいただけましたか?

さぁ、続いては日本でもこんな光景があるかも?な、出待ちのファンとの交流シーンから。

ファンの方がもっとも殺到するのはやはりGerard。ということで彼の撮影がもっとも大変。
取材時間を頂けなかった代わりに(英国のメディアが殺到していたらしいのですが、結局到着が遅れた関係でかなりキャンセルになったらしいです。)、「日本のファンへメッセージをいただけませんか?」とお願いしたら、「それってインタヴューなの?」と聞かれ、Gerardの後ろにいるセキュリティーのおじさんにもギロリと見られながらも必死に「いいえいいえ、ただのコメント」と言うと、「日本のみんな、My Chemical RomanceのGerardだよ。早く日本に帰るからね」と語ってくれたのでした。
録り終わった後、セキュリティーのおじさんが「キミはラッキーだねぇ」ってな具合で微笑んでくれたのも忘れられない思い出。

それからMikeyも負けず劣らずファンの方がものすごい勢いで殺到!サインをもらえたのはいいものの(番組プレゼント用に提供させていただきました)、写真はまったく撮れませんでした。でも、Mikeyは私のことを見掛けると陽気なハイ・ファイヴをして少しお話することもできました。

それにしてもこの笑顔!彼の笑顔は世界を救えます!!
もう1枚Gerard。
すっかりスリムな後ろ姿です
続いて、アングルが残念なのですが、至近距離で撮影できたのがRay。
いつでも気さくなRayは、「へ〜イ」ってな具合に歩み寄ってくれて、こちらが聞く前に
「多分1月か2月に日本へ行くからね〜」と教えてくれる人柄の良さがたまりません。

そして、以前このブログでアップしたものとは違うFrankのショット。
彼との会話は以前このブログに書いたので割愛しますが、
先日、2009年のサマソニ来日時に行ったインタヴューを聞き直していたんですね。
その中で私が、
「自分でフェスをオーガナイズするとしたらヘッドライナーは誰でどんなフェスにする?」
と尋ねたら、
「僕ならきっとオーティス・レディングがヘッドライナー。で、出演者はみんな飛行機事故で亡くなった人だけ。ウヒョヒョヒョヒョ〜」
というなんともブラックユーモア満載の答えをしてくれました。
...ちなみにこの質問にMikeyは
「ストーンズがヘッドライナーでスミスも出るんだけど、10時間ぶっ通しでずっとABBAのカバーをやるABBAフェス」でしたが(笑)
「どっちのフェスが動員が多いと思います?」
と尋ねるとFrankが
「僕のフェスは、僕と僕の父親ぐらいしか来ないだろうからABBAフェスだろうねぇ」
と。でも、ロック界にはスティーヴィー・レイヴォーンやランディ・ローズなど多くのレジェンドが飛行機事故で命を亡くしているので、それらがみんな集まればFrankのフェスも相当豪華なことになるんじゃない?って話で盛り上がったのでした。

Frankはそうやってポロッと出て来るミュージシャンのセレクトが渋いし(ミュージシャンのお父さまの影響が大きいのではないでしょうか)、パンクの話やサイコキラーの話になると俄然マニアック。アルバムの話などバンドの核となる部分を聞くにはGerardが最適なんですけど、そんな時にもジョークを挟んだり脱線するのはFrank。それがまたいいんですよね。

そうそう、この写真でも思うのですが眉は自分で整えているんでしょうか?
あぁレクチャーしてもらいたい!!

ということでいかがでしたか?

あと4時間ほどで今夜のショウが開幕!!
興奮しちゃいますねっ

マイケミ、横アリ2DAYSほかジャパン・ツアー発表!!

  • 2010.11.24 Wednesday
  • 12:17
『デンジャー・デイズ』リリース日の本日、

ついに発表となりました、My Chemical RomanceのJAPAN TOUR!!!!!


レイの言ってくれた言葉が本当で良かったです〜(嬉し涙)


2011/1/31(月)大阪城ホール

2011/2/2(水)愛知県体育館

2011/2/5(土)横浜アリーナ
2011/2/6(日)横浜アリーナ


チケットの発売は12月25日から(名古屋は26日)


行けるものなら全公演参戦希望です!!

またしてもおっかけブログやるかもしれませんっ!

マイケミのLAショウのストリーミングがスタート!

  • 2010.11.23 Tuesday
  • 12:09
今観ているのは開演前?
舞城に設置されている出店で楽しむファンの姿が堪能出来ていますが、

今日のライヴ、まるでマイケミフェスです!

めっちゃ楽しそう!!! あぁぁぁ〜〜〜 行きたかった・・・。

取り敢えず、ライヴ含め、指くわえながら観るとしましょう♫




・・・さきほど終わりました。
セットリストは以下でした。書き落としがあったらごめんなさい。


(Look Alive, Sunshine)
Na Na Na
I'm Not Okay (I Promise)
Planetary(GO!)
House Of Wolves
Desolation Row
SING
Give 'Em Hell, Kid
MAMA
The Only Hope For Me Is You
Teenagers
The Ghost Of You
Famous Last Words
-----------------------
Helena
The Kids From Yesterday



私が観たロンドン公演はやはりキックオフということもあり、
1stからのナンバーもやっていたのでしょうかね?
曲数も短くて、観たい曲がまだまだ山ほどありましたが、
会場で観られない分、
ストリーミングならではの至近距離で、4人の表情(特にジェラルドですが)をしっかり
観ることが出来てよかったです。
SINGでは女性コーラス2人を迎えていたのもざん新でしたし、
Desolation Rowをやってくれたのは個人的に念願かなって興奮しました〜


ライヴではアルバムリリースまで長い長い道のりだったこと、
そして、新作にもスクリームしてもらいたいという願いや、
拠点のLAということもあり、彼らの友人や家族が来ていたそうですね。

来年はバンド結成10年という、そのことにも触れていましたが、語る言葉も最小限で、
しっかりと音楽を届けたいという想いが伝わってきました。

SINGのPVフル公開!!&来日決定!!!!

  • 2010.11.19 Friday
  • 12:32


「Na Na Na」に続くビデオが登場しましたね〜。
なんと! ジェラルドがあごを撃たれている!?!?!?フランクが左肩を、マイキーとレイが心臓を!?!?!いや〜〜〜〜っ ダメ〜〜〜っ!!! と叫びたくなりますねぇ。

後ほど追記するかもしれませんが、取り急ぎアップしてみました。

そうそう、

今夜のDig The Rocks、マイケミ特集パート1をお届けしますよ。
メンバーのコメント、プレゼントもご紹介します。Don't miss it!!!!!

あと、ナナナんと来年のジャパンツアーが決まったそうですよっ!!!
詳細は近日発表とのこと
http://www.creativeman.co.jp/artist/2011/01mcr/

『Danger Days』のファビュラスなフル試聴スタート!!

  • 2010.11.17 Wednesday
  • 07:58
ともかくこちらをご覧下さい!!!!!




DJ Dr. Death Defyingがナビゲートするリスニングパーティ形式でアルバムがフル視聴です!!!
しかも曲が流れる時にはサーモグラフィーなサイケな色彩にイメージ映像などなど彼ら渾身のアートの嵐です。

なんというやり方でしょ! アーティスティックな彼らの画期的作戦に脱帽しておりますよ。

あ、ちなみにD. Death DefyingはMindless Self Indulgenceのギタリスト、Steve, Righ?です。

そうそう、ラジオにジェラルドが電話をかけてきてちょっと図々しいリスナー役として登場したりするので、隅々まで楽しんでみてくださいね。

そうそうその2。「Party Poison」に出て「「私は爆発する〜」など」語り、メッセージする女の子は、彼らの友達の友達の日本人の女の子だそうです。
レコーディング中にデヴィッド・ボウイの『ロウ』に日本人の女性の語りが使われていることがクールだったことを思い出した彼らは急遽日本人の女の子を探したのですぐには見つからなかったそうですが、何とか
こうやって無事、レコーディングできたそうですよ。

この曲がイイんですよ!――My Chemical Romance『デンジャー・デイズ』日本盤ボーナス・トラック”Zero Percent”

  • 2010.11.10 Wednesday
  • 11:48
iTUNES UKからのデジタルリリースもありますが、
7インチでもリリースの「Na Na Na(Na Na Na Na Na Na Na Na Na)」
には、“Zero Percent”
という未発表曲が入っていまして、

これが、人によってはMisfitsっぽいだとか評しているわけですが、
それも頷けますし、

たとえば“Give Em' Hell, Kid”が好きな人ならハマるじゃないでしょうか。


イントロからAメロのエレクトロはジェラルドの奥方のバンド、Mindless Self Indulgenceがチラッとかすめましたが、みなさまはいかがでしょう?


検索してもらえばYoutubeにもいくつかアップされていますが、
(私はiTUNESカードを買ってきたのできちんと購入しましたよっ!)


ここでそれを貼付けるのははばかられますので、

以下少しですが試聴できるiTUNES UKのリンクを貼っておきますね。

http://itunes.apple.com/gb/album/na-na-na/id400148271?affId=1818594


ぜひ、フルで聴いて頂きたいアグレッシブないい曲。サビがとくにキュンとなります。

実は、日本盤ボーナス・トラック曲とのこと!
これはお勧めですよっ


そういえば、Play.comでアルバムの特典は、エア・フレッシュナーが付いて8.95というお手頃価格で出てますね。ちなみにこのエア・フレッシュナー、バンドのマーチャンでは$5で販売されているんですよ。

かなり特ですね。まぁ国外配送料がいくらなのかは気になるところですが。

そしてHMV UKではビデオでメンバーがしているのと同じタイプのバンダナ(4種のうち1枚)をセットにしたリミテッド・エディションを出すそうで、CDの価格は今サイトがお休み状態なのでチェックできていませんが、こちらもマーチャンで$9.99で売られているもの。
で、日本のHMVを見てみたら、オーストラリア盤でも同様のセットを売るそうで、
価格は3661円(オンライン会員特価。最安で2,786円)

最安値で考えるならば、日本盤(2580円)でボートラを聴き、対訳やライナーを読むのか、
11月19日リリースで5日早く聴けるし、どのバンダナもかわいいからほしいって方なら、

ちなみにバンダナはこんなカンジ。



オーストラリア盤は魅力的ですよね。

あ〜〜〜〜〜っ それにしても考えるだけでたのしいわぁ



また、ロンドンでは11月11日19時よりアルバムのリスニング・パーティーがあるということで、これまた盛り上がりそうな気配!
私もガンガン打ち上がってますよ!
なんてったって今朝マイケミのライヴレポート(Grindhouse Magazine)を提出したばかりでして、

この後、インソレンスのインタヴュー原稿を仕上げたらまたマイケミの原稿執筆(bounce)へ戻りますし、

来週、再来週はマイケミ特集(bay fm『Dig The Rocks』*ロンドン公演のグッズをプレゼントしますよ!)ですからっ!!!!

My Chemical Romance、新作から“Save Yourself, I'll hold Them Back”を無料DL開始!

  • 2010.11.06 Saturday
  • 16:08



『デンジャー・デイズ』から“SIng”が米国のiTUNESでリリースがスタートしているという内容を伝えたのもつかの間、
何と今度は“Save Yourself, I'll Hold Them Back”を無料DLサービスやっています。

この曲でも「ナナナ〜ナ〜ナ」と口ずさんでいますが、
新作においても力強くロックを鳴らした曲ではないかと。
エモーショナルなジェラルドのヴォーカルもたまりません。


さて、DLは上記のバナーにメールアドレスを記入し、住んでいる国を選択してSUBMITボタンをクリックするだけ。
即DL用のリンクが送られてきますのでそちらへアクセスすれば作業は完了します。
(*MACからの操作の場合。Windowsで操作環境が違っていたらごめんなさい)

・・・ともかく、日々様々な楽しみを届けてくれるマイケミ。
目が離せないのです!!!!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

twitter

amazon.co.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

グラヴィティ
グラヴィティ (JUGEMレビュー »)
アゲインスト・ザ・カレント,TAKA

recommend

recommend

recommend

recommend

ホープ
ホープ (JUGEMレビュー »)
ザ・ブラックアウト

recommend

マインド・ゲームス
マインド・ゲームス (JUGEMレビュー »)
サイレント・ディセント

recommend

キッス・ザ・サン・グッバイ
キッス・ザ・サン・グッバイ (JUGEMレビュー »)
ヴァンパイアズ・エヴリウェア!

recommend

recommend

recommend

イン・ゴールド・ブラッド
イン・ゴールド・ブラッド (JUGEMレビュー »)
キッズ・イン・グラス・ハウス

recommend

recommend

スワン・ソングス
スワン・ソングス (JUGEMレビュー »)
ハリウッド・アンデッド

recommend

ハイドロ・フォニック
ハイドロ・フォニック (JUGEMレビュー »)
ファンク・ジャンキーズ

recommend

ゼブラ!ゼブラ!
ゼブラ!ゼブラ! (JUGEMレビュー »)
フェイク・シャーク-リアル・ゾンビ!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター
アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター (JUGEMレビュー »)
ウィズイン・テンプテーション,アネク・ヴァン・ガースバーゲン,キース・カピュート

recommend

recommend

recommend

サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~
サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,リヴィング・エンド,インミー,アレクシスオンファイアー,ハノイ・ロックス,チープ・トリック,アーミー・オブ・フレッシュメン,イカルス・ライン,タヒチ80,ザ・プロディジー,プラシーボ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ライズ
ライズ (JUGEMレビュー »)
アニュー・レヴォリューション

recommend

recommend

recommend

recommend

青い誘惑(初回限定盤)
青い誘惑(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
キュート・イズ・ワット・ウィ・エイム・フォー

recommend

recommend

recommend

ペダル・トゥ・ザ・メタル
ペダル・トゥ・ザ・メタル (JUGEMレビュー »)
ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE DEEP END
THE DEEP END (JUGEMレビュー »)
ビー・ファウンディション

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM