リクエストにお答えしてFINCHのネイトが選んだベストアルバム2009は・・・

  • 2009.12.29 Tuesday
  • 20:54
ntさん、standさんのリクエストにお応えし、

すぐにアップしようと思っていたのですが、時間がかかってしまい申し訳ありません。

ネイトのコメント訳文を以下に載せますね。

「(2009年に)どんなアルバムが出たのかすべて知っているわけではないけど、ニルヴァーナの『ライヴ・アット・レディング』だね。僕は彼らの大ファンなんだよ。この作品の中での僕にとってのベスト・トラックはたぶん「スクール」だね。なぜかと言うと、僕は彼らのファースト・アルバム(『Bleach』)がすごく好きで、何度も大音量で聴いていたんだ。特にこの曲はまるで僕の体に刷り込まれている位なんだ」

ということでこちら、



でした。

とてもネイトらしい選曲だな、と私は思いますが、いかがです??



その他、みなさんからのコメントは逐一拝見しているのですが、
返信ができなくてごめんなさい。
今ちょうど年末の締切ラッシュの最後の追い込みと、
フェスの取材仕事に挟まれているので
ゆっくり返信ができない状況です。
加えて、レヴことジミーの急逝に気持ちが追いやられているのも…。

でも、必ず返信しますので、
よかったらまたコメントを頂けたら幸いです。

昨日のFFAF & Finchのセットリスト

  • 2009.12.05 Saturday
  • 17:26
昨日で怒濤のジャパン・ツアーが終了したFuneral For A FriendFinch

先にご報告した通り、取材させていただきましたし、
昨日はTV用のコメント(tvk用です。この2バンドをはじめ、これから来日予定のバンドからも頂く予定です。1月には流したいと思っているのでお楽しみに〜)

それにしても赤坂ブリッツはグッドなケイオスと化していて、
座席を頂いたのにも関わらず、ずっと立って眺めて歌って、ほろりときちゃったのでありました。

ということで、昨日のセットリストをアップしておきます。

出演順に行きますね。
まずはFuneral For A Friend




ダブル・ヘッドライナーで、公演によって出演順が違っていて、
最初に出たバンドはアンコールなし。
FFAFの約1時間にわたるライヴではベスト盤からの新曲「Wrench」はもちろん、
「Street Car」からスタートして「Juneau」で締まるという、なんとも鉄板のセットリスト。
スローな曲は「Into Oblivion」程度に抑え、ひたすらオーディエンスをくるくるサークルさせていたのでした。
マット(vo)が「Into ~」ですご〜くいい雰囲気で歌い上げていたのに、
吹き出してしまって 、それを少しの間引きずっていたのは何だか彼らしいなぁと思ったのでありました。


そしてFinch



アンコールでは感涙の名曲「Ender」を何度も何度もオーディエンスへ手を伸ばしながら、ステージの外側に設置されたスピーカーの上で歌っていたネイト(vo)の姿が忘れられませんね。

それから、
あまりに自然に馴染んでいたのに驚いたのが新曲「World Of Violence」でした。

そう、この曲は先に書いた、私が取材前に聴かせてもらった2曲の内の1曲なんです。
もう1曲の方は「Hail To The Fire」というのですが、
ライヴ前にネイトに聞いたところ、「Ps.」や「Ink」の辺りでやるかも、とのことでしたが、
ドラムが難しい曲だとかでやるか分からないと言っていました。
「World〜」とはタッチが違うんですけど、見事な構成のいい曲なんですよ。
ぜひとも次回、来年でしょうかね、ひょっとすると。
聞けることでしょう!期待期待!!

取材、取材、取材の日々です。写真ごそっと : Nickelback,Lostprophets,Finch,Funeral For A Friend

  • 2009.12.04 Friday
  • 14:18
先週からインタヴューが続いていまして、
その準備だったり、法事で実家の鹿児島へ帰省したり、
ライナーノーツの〆切りだったりで
パタパタ動いていたためにアップ出来なかった写真をザザザざっと載せてみようかと。

まずは
来日公演が大盛況だったNICKELBACK



メンバー全員にお話伺いました〜
この時の模様は今月下旬にtvk『洋楽天国Tuesday』でオンエアされますのでお楽しみに〜。


そしてこちらはbayfm『Dig The Rocks』用に取材したLostprophets



彼らに関してはかなりの秘蔵写真がありますが、
今日は取り敢えずこちらを載せてみました。
この写真はクールに写っていますけど、ぶっ飛びのショットなどありますので
そちらは後日のお楽しみということで。

イアン(vo)ファンの方、衝撃的ですよ。笑


そして、こちらは昨日行ったインタヴュー2本。

どちらも本日赤坂ブリッツでライヴを行いますね。
取材場所はどちらも渋谷だったのですが、
昨日はヘヴィでしたね。でも、どちらもいいコメントが頂けました。
ちなみにどちらもbayfm用のインタヴューです。


まずはFINCH



取材前にランディのiPODで新曲2曲聴かせてもらいましたが、
タイプは違えど、どちらも名曲!ご期待ください。
今日やってくれるのかしら??


そして,
Funeral For A Friend



ベストアルバムに絡めて00年代の音楽を取り巻く環境についてや
話の流れで髪型の話まで(笑)、
以前取材した頃はまだシャイガイのイメージがあったんですけどね、
ユーモア交え饒舌に語ってくれました。
月日の経過を感じましたね。


ということで
それぞれ後日もっと丁寧に報告します。。。

来週はゼブラヘッドとライアン・バーチの取材だったり、
再来週はマディーナ・レイクのスペシャル・レポートだったり、
取材は今年もまだまだ続きます!!!

検索文字を見て・・・finch,ML,トワイライター

  • 2009.10.24 Saturday
  • 10:06
おかげさまでここ最近、ブログのアクセスが伸びています。
私なんぞの、しかも好きなものばかり載せているにも関わらず、大変ありがたいことで、
これかも頑張っていこうかなと誓ったわけです。

で、
私なんぞのブログにどうやってみなさんがたどり着いているのか調べてみたところ、


①finch
②madina lake
③トワイライター

(10月23日時点)

という結果になりました。


そこで、上記にまつわる情報をいくつかアップしてみようかと思います。

まずはFINCH

ご存知のように、今年3月のソールドアウト東阪来日公演に続き、
12月には福岡なども含めたツアーで帰ってきます。
当初のセイオシンに代わって、10月28日にベスト・アルバムをリリースするFUNERAL FOR A FRIENDとのダブル・ヘッドライナー・ツアーとなりますが、

tvkが視聴可能な方々は、
11月10日の『洋楽天国Tuesday』内”Aya's Recommend 3”の、特にオープニングは要注目です!

3月のfinchの秘蔵ライヴ映像が少しですが流れます

これ、本当に貴重だと思います。わずかな時間ではありますが、お見逃しのないように。

そして、FFAFの最新PVも流す予定ですよ〜!


つづいては、MADINA LAKE

英雑誌『KERRANG!』のポッドキャストに
ダン(dr)とマテオ(g)が登場。約3分にわたって、彼らがツアー中に楽しんでいるというお気に入りの映画トップ5を紹介しています。



ジェームズ・キャメロンの『エイリアン』とか挙げてますねぇ。



そして最後にトワイライター

はい、私は原作も映画も、サントラも大ファンのトワイライターでございまして、
『トワイライト〜初恋〜』
の公開に先駆けて行われたイベントのMCをやらせていただいたのですが、

実はその時、他にも主演ロバート・パティンソンクリステン・スチュワート、そしてテイラー・ロートナーが登壇したファン・ミーティングのMCもご用命いただいていたのですが、
スケジュールの都合がつかずお断りせざるを得なくて涙したんですね。

ですが!!!!

11月28日に公開『トワイライト サーガ ニュームーン』
http://twilight.kadokawa-ent.jp/newmoon/

では、11月3日に開催のロバート・パティンソンや監督のクリス・ワイツが登壇予定のファン・ミーティングおよび世界最速試写のMCをやらせていただくことになりました!!!!!

原作を読んだ方ならご存知の通り、
なんといってもエドワードがベラを祈って去ったことによるベラの深い悲しみ、
ジェイコブの変身、ヴォルトゥ―ルの存在など、
重く深く、そしてさらに胸を掻きむしられるような内容です。

上記リンクの日本の公式サイトでトレーラー映像が公開されていますので
ぜひ飛んでみてほしいですね。そちらにはイベントの情報などなどが載っていまして、
今回の盛り上がりも相当なものになっていることかが伝わってきます。

そして、

1トワイライターとしては
トレーラー映像を見ただけで胸がきゅううっとなりましたし、
涙腺が緩むのが、アメリカの公式サイトでアップされている、さらに突っ込んだ情報量のトレーラー映像。

その中から
アメリカのサイトにあったコンテンツ映像のウィジェットを貼付けておきたかったのですが、どうもうまく行かない・・・。泣

よかったら下記アメリカのサイトで見てみてくださいね〜〜〜。

http://www.newmoonthemovie.com/

FINCHがついに新曲UP!

  • 2009.05.31 Sunday
  • 09:59
この2〜3ヶ月は新作レコーディングに勤しんでいるFINCH

私のブログにたどり着いてくださる方の検索ワードで
常にトップ3にいる彼らは、それだけでも根強い人気をキープしていることを肌で感じています。

だからこそ、可能な限り、知り得た情報は載せていこうと思っております。

最新情報としては
新曲“HAIL TO THE FIRE”

が彼らのMySpaceでアップされたんです!

http://www.myspace.com/finchmusic

(上記URLはリンク貼ってありますので飛んでみてください!)

いくつかできているデモトラックの1曲で、

カオティックさとメロディックさが見事同居した名曲ですよ!!!!


本格的なレコーディングは夏に行いたいとのこと。


この1曲だけでも期待募って仕方ありません。


ちょっと懐かしい1stからのヒットソングのPVを貼っておきますね。
いつ聴いてもいいわぁ!


FINCHに7年ぶりに会える!!!

  • 2009.03.04 Wednesday
  • 15:12


明日、渋谷クラブクアトロからスタートする
FINCH JAPAN TOUR

思えば2002年の初来日@NEW BLOOD(原宿アストロ)以来ですか・・・。

2度の来日キャンセルに泣き、
無期限活動停止に大泣きしましたが、

先ほど所属レーベルの方とお話しして、
無事日本入りしたそうです!!!!!!!!

パンパンだとすごく見づらいクアトロですが、
壮絶な熱気は客席も、そしてライトの当たるステージ上なんてハンパじゃないそうです。
そんなハードな環境が導くのか、
名演が多いヴェニューでもあります。


そんなクアトロにまたひとつ輝かしい1ページが加わることでしょう。


復帰後、EPをリリースしていますが、フルアルバムもそろそろ聴きたいところですね。

FINCH復活!!

  • 2007.10.30 Tuesday
  • 09:26


な、なんとFINCH再結成したらしいじゃないのっびっくり

FINCHはカリフォルニア出身でデフトーンズに強く影響を受けた5人組で、2000年代はじめ、素晴らしいフックを持ったメロディと体全体から振り絞られたエモーションでキッズを熱狂させた、今や“伝説の”バンド。

2002年リリースの『What It Is to Burn』発表後に原宿アストロホールで立った初来日公演以降、SONIC MANIA出演キャンセルなどなど結局来日は1度しか実現せず
2006年2月に約5年の活動にピリオドを打ってしまったんですよ。

その後、
ヴォーカル、NateはCosmonautという4人組バンドでヴォーカル&ギターを担当していた模様。
特にレーベル所属もなく、気楽な、といったら失礼だけど、叫ばず、暴れず、でも根底にフリーキーな香りを漂わせるロックを表現していたんですね。



1年8ヶ月ぶりの復活!


メンバーは

Nate Barcalo (vocals)
Alex Linares (guitar)
Randy Strohmeyer (guitar/vocals)
Drew (drums)
Daniel Wonacott (bass)




知らんわからんって方はとりあえずdownへどうぞグッド

http://www.myspace.com/finchmusic


名盤!!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

twitter

amazon.co.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

グラヴィティ
グラヴィティ (JUGEMレビュー »)
アゲインスト・ザ・カレント,TAKA

recommend

recommend

recommend

recommend

ホープ
ホープ (JUGEMレビュー »)
ザ・ブラックアウト

recommend

マインド・ゲームス
マインド・ゲームス (JUGEMレビュー »)
サイレント・ディセント

recommend

キッス・ザ・サン・グッバイ
キッス・ザ・サン・グッバイ (JUGEMレビュー »)
ヴァンパイアズ・エヴリウェア!

recommend

recommend

recommend

イン・ゴールド・ブラッド
イン・ゴールド・ブラッド (JUGEMレビュー »)
キッズ・イン・グラス・ハウス

recommend

recommend

スワン・ソングス
スワン・ソングス (JUGEMレビュー »)
ハリウッド・アンデッド

recommend

ハイドロ・フォニック
ハイドロ・フォニック (JUGEMレビュー »)
ファンク・ジャンキーズ

recommend

ゼブラ!ゼブラ!
ゼブラ!ゼブラ! (JUGEMレビュー »)
フェイク・シャーク-リアル・ゾンビ!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター
アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター (JUGEMレビュー »)
ウィズイン・テンプテーション,アネク・ヴァン・ガースバーゲン,キース・カピュート

recommend

recommend

recommend

サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~
サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,リヴィング・エンド,インミー,アレクシスオンファイアー,ハノイ・ロックス,チープ・トリック,アーミー・オブ・フレッシュメン,イカルス・ライン,タヒチ80,ザ・プロディジー,プラシーボ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ライズ
ライズ (JUGEMレビュー »)
アニュー・レヴォリューション

recommend

recommend

recommend

recommend

青い誘惑(初回限定盤)
青い誘惑(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
キュート・イズ・ワット・ウィ・エイム・フォー

recommend

recommend

recommend

ペダル・トゥ・ザ・メタル
ペダル・トゥ・ザ・メタル (JUGEMレビュー »)
ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE DEEP END
THE DEEP END (JUGEMレビュー »)
ビー・ファウンディション

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM