The Revの追悼映像が公開されています。

  • 2010.01.19 Tuesday
  • 10:26
12月28日に急逝した
Avenged Sevenfoldのドラマー、ジミー“ザ・レヴ”サリヴァンを追悼する映像が公開されています。
彼と大親友だったDirty Headsのヴォーカル、ジャレッドや、Dirty Headsらが自身のfacebookでシェアしていると、Dirty Headsの日本所属レーベル、Surfrock InternationalのKさんから教えてもらい、私もこのブログを通して、
彼の死を悼むすべての人にご紹介します。

なお、この中で彼らが語るインタヴューの模様はすべて2007年リリースのDVD作品『ALL EXCESS』時のものです。

皮肉なことに、この機会があって目にすることのできたと言える、
とても貴重な映像、写真の数々です。
それは、マイケル・ジャクソンの『This Is It』にも言えることかもしれませんが。

破天荒でやんちゃな、生まれながらのロッカーである彼の姿、
ドラムへ向かう真剣な姿
優しく澄んだ瞳、おっきな体でメンバーや親しい人をハグする姿、

所々で彼が天使のように見えるのは私だけでしょうか。

27分13秒あります。
ゆっくり、じっくりと、最後に彼らが肩を組んで発す言葉までどうかご覧下さい。

R.I.P. JIMMY "THE REV" SULLIVAN - TRIBUTE VIDEO from TWENTYFOURCORE Productions on Vimeo.




M. SHADOWS のThe Revへ贈った言葉もネットに出ていました。拙い和訳で恐縮ですがご紹介します。


「どこから話しはじめていいのか分からないけど、まず、ジミーの逝去に際して支えてくれたすべてのファンに感謝したい。彼のファン、俺達のファンに会うこと、そんなみんなからのサポートが慰みとなっている。

ジミーは僕の最高の友人であったと同時に、Avenged Sevenfoldのメンバーを含む多くの人々にとっての最高の友人であり、間違いなく僕が今まで知り合った人の中で最高の人物だった。
僕は毎日彼に愛していると言ったものだよ。彼は周りの人からの愛情を必要とし、愛情を与えることを恐れることもなかった。

僕は人生の18年間を毎日ジミーとともに歩んで来たんだ。僕にはジミーと出会う以前の思い出なんてないんだ。だから、彼のいないこの世界を前進して行くことはとても難しいなのだと思う。(ジミーの死を)まだ現実とは思えないんだ。

彼は僕にとって最高の友人だったし、ソングライティングのパートナーで、バンド仲間で、秘密を打ち明けられる親友で、そして、もっとも重要なことは、彼は僕のブラザーだったんだ。
ジミーについてのクレイジーな出来事っていえば、毎日がまさにクレイジーなストーリーだらけだったね。

僕たちはこの2週間、お気に入りのジミーに関する話を語っては何度もそれを繰り返している。
ジミーって不思議な男だったんだよ。彼の魂からほとばしる芸術はとめどなく、この世で見たことのないものだった。
もし君がジミーと一緒に1日過ごさなければ、というか、いや、18年間過ごしたとしても説明するのは難しいな。だから、説明するつもりはないんだけど。彼はいろんな方法で人に影響を与えたんだ。彼はただのドラマーなんかじゃなかった。彼はドラムの技術面にまったく関心を持っていなかったんだよね。なぜなら、彼は自分の望むどんなプレイもできたのだから。
彼は美しい曲と独創性のあるフィルのすべてを創造したし、そんな彼の芸術と精神にみんなも共感してくれていただろうと願っているよ。

ジミーは彼の両親を含む僕たちみんなに、人生における2つのこだわりを語っていた。
ジミーはロックスターでありたかったし、30歳を超えて生きたくなかったってことだったんだ。
彼はそののこだわりに対しては忠実だったかもしれないし、僕はそんなジミーを理解しているつもりだけど、もし彼が、自分が去ることが周りの人間にどれほどの痛みを与えるのかを知っていたとしたら、もうすこし長くいられるようにしたんじゃないだろうか。
ジミーは多くのことを与えてくれたし、結局、彼が逝く時だったんだ。だから、僕が彼に居てほしいと思うのはわがままだし、彼はここよりももっといい場所にいるってことも分かっているから、僕の大切な友人が今心安らかでいることを喜ばしく思っている。

彼は最初にあっちの世界へ行ってしまった。
僕はまたジミーと一緒に過ごすのが待ちきれないんだ。言いたいことはたくさんあるけど、言葉が見つからないんだ。だから、この気持ちを表す方法が見つかる時を待とうと思う。
残された僕らに関して言えば、それが僕たちがすべきことととしてハッキリとしたことだ。僕たちはジミーとともにアルバムを書き終えたばかりなんだ。将来に関して考えることはあまりに苦しくて、今は約束出来ないんだ。けれど、レコーディングすべきだってことは分かっている。
ジミーに敬意を表して、ジミーのために、このアルバムを出すべきだってね。
彼は僕にこのアルバムの曲に関して毎晩電話して、「この曲は世界を変えるぜ」って言っただろうな。そして僕はそんな彼に同意していただろう。
残念ながら、実際どうだったかを僕は知ることはできなかったけど。

この悲しみを克服することがどんなに困難なことか想像できない僕たちのために、僕たちと一緒にどうか耐えてほしい。僕たちは彼の残してくれたもののためにそうすべきなんだと思う。
この悲しみを克服できるかなんてわからないよ。でも、僕は克服の時を決断するのをジミーが助けてくれるだろうってことはわかっているんだ。

ジミー、愛しているよ。僕は君と知り合えたこと、そして、人生の18年間を君と過ごせて世界中でもっとも幸運な男だって感じているよ。
安らかに眠ってくれ、我が友よ』
コメント
和訳ありがとうございます。
シャドウズの彼に対する愛情の深さが手に取るようにわかりますね。
レヴらしくあちらの世界でもやんちゃにドラムをドコドコやってることでしょうね。
素晴らしい先輩達がいるので楽しくやってるかな?
  • はんきち
  • 2010/01/20 3:32 PM
なんて言葉を言えばいいのかとてもじゃないですが言えません・・・
ただ言える事はジミーさんは「Avenged Sevenfold」のメンバー全員を
誇りに思っていたと僕は思います

どうしてこんな悲しい事件が起こってしまったのでしょうか
これが彼の運命・・・だったのでしょうか
しかしこれがもし彼の運命だとしたら
どうしてジミーさんを死の運命へと導いたのでしょうか
神様はどうしてジミーさんを選んだのでしょうか
今だに僕はジミーさんの死を受け入れられません・・・

僕も祈る事しかできないのがとても悔しいです
僕にとって初めてのHard Rockは
Avenged Sevenfoldの「Afterlife」でした
僕はこの曲をぼくの魂の一部として、いつまでも心に刻みたいと思います

最後にジミーさんへ
「迫力のあるドラムさばき、仲間思いの強いハート、そしてAvenged Sevenfoldへの誇」「全ての思いを心に大切にいつまでも・・・」

そしてAvenged Sevenfoldに対する宮原さんの思いも
この記事を見て、とても強く心打たれました

安らかに眠って下さいジミーさん
そして、ありがとうございます宮原さん
  • Cross
  • 2010/01/20 6:58 PM
>はんきちちゃん

うん。そうだね。
シャドウズの思いが伝わってくるよね。
大切な人を失う辛さっていうのは、その人が帰って来ない限り完全に埋まりきることなんてないように思うんだ。私にとって父がそうであるように。
でも、シャドウズが書いているように克服して前を向いて歩いて行くことはできると思う。いつか天国で再会する時に堂々と胸を張っていたいしね。

きっとこうしている今もレヴは先輩とドラム・セッションしたり、お酒飲んだりしながら、家族やバンド、そしてA7Xを愛するファンを見守ってくれていると思うな。


>Crossくん

私たちにもっと力があれば、レヴを現世に引き戻したいよね。
悲しさと悔しさでいっぱいだよ。

ただ、Crossくんが「Afterlife」を胸に刻み、
レヴへ祈りを捧げることは
きっと、きっと、彼の元へ届くと思う。

そして、彼もCrossくんへ「ありがとう」の言葉を贈ってくれているような気がするよ。


気のせいかもしれないけどね、この追悼文を訳す作業って
まぁ、誤訳もあるかもしれないけど、とてもスムーズに遂行出来たの。
今とある短編小説を翻訳しているんだけど、難しくてね、
訳しきることができるんだろうかってスランプだったんだ。
でも、この文章を訳しきって力をもらった気分なの。
「日本のファンにも届けてくれ」っていうレヴの力が私を導いてくれたのかなって思うと同時に
やりきったことでご褒美もらったような・・・。
かなり勝手な思い込みなんだけどね。
私はそう思っていたいんだ。

ま、そんなこともあり、Crossくんの祈りはきっとレヴの心を安らかにしてくれると思うよ。
これからも彼が教えてくれたことを忘れずに精一杯生きましょう。
  • 宮原亜矢
  • 2010/01/29 12:47 PM
このコメントを見ているかわかりませんが、書きます。

自分の初のHR/HMは「Afterlife」でした。

最初ボーカル(シャドウズ)の野太い声に惹かれ、最初から最後まで聞こうとしました。
そしてジミーのコーラス。高い声だが力強く、かっこよさを感じるコーラス。そしてゲイツのソロ。一目ぼれです。

それからLive in LBC Critical acclaim
ジミーがメインとも言えるこの曲に、自分はついにA7Xにドハマりしました。
ジミーは自分がドラムを始めるきっかけになった人物ですし、HR/HMなどのジャンルを聞き始めるようになったのもジミーのおかげです。
ジミーのおかげで自分の人生が変わったし、なによりも尊敬しています。

シャドウズのメッセージを見て、本当に愛情、今までの感謝、その裏に凄く悲しみを感じました。
シャドウズは他のメンバーよりも誰よりもジミーを愛していたんでしょうね・・・

長文失礼しました。

僕は絶対 A7Xのような輝けるバンドになります。
ジミーを尊敬します。
  • Sho
  • 2014/10/20 10:34 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

twitter

amazon.co.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

グラヴィティ
グラヴィティ (JUGEMレビュー »)
アゲインスト・ザ・カレント,TAKA

recommend

recommend

recommend

recommend

ホープ
ホープ (JUGEMレビュー »)
ザ・ブラックアウト

recommend

マインド・ゲームス
マインド・ゲームス (JUGEMレビュー »)
サイレント・ディセント

recommend

キッス・ザ・サン・グッバイ
キッス・ザ・サン・グッバイ (JUGEMレビュー »)
ヴァンパイアズ・エヴリウェア!

recommend

recommend

recommend

イン・ゴールド・ブラッド
イン・ゴールド・ブラッド (JUGEMレビュー »)
キッズ・イン・グラス・ハウス

recommend

recommend

スワン・ソングス
スワン・ソングス (JUGEMレビュー »)
ハリウッド・アンデッド

recommend

ハイドロ・フォニック
ハイドロ・フォニック (JUGEMレビュー »)
ファンク・ジャンキーズ

recommend

ゼブラ!ゼブラ!
ゼブラ!ゼブラ! (JUGEMレビュー »)
フェイク・シャーク-リアル・ゾンビ!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター
アン・アコースティック・ナイト・アット・ザ・シアター (JUGEMレビュー »)
ウィズイン・テンプテーション,アネク・ヴァン・ガースバーゲン,キース・カピュート

recommend

recommend

recommend

サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~
サマーソニック 10thアニバーサリー・コンピレーション~ビクターエンタテインメント&レーベルズ・エディション~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス,リヴィング・エンド,インミー,アレクシスオンファイアー,ハノイ・ロックス,チープ・トリック,アーミー・オブ・フレッシュメン,イカルス・ライン,タヒチ80,ザ・プロディジー,プラシーボ

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ライズ
ライズ (JUGEMレビュー »)
アニュー・レヴォリューション

recommend

recommend

recommend

recommend

青い誘惑(初回限定盤)
青い誘惑(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
キュート・イズ・ワット・ウィ・エイム・フォー

recommend

recommend

recommend

ペダル・トゥ・ザ・メタル
ペダル・トゥ・ザ・メタル (JUGEMレビュー »)
ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE DEEP END
THE DEEP END (JUGEMレビュー »)
ビー・ファウンディション

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM